Archives: 未分類

痛みが心配

注射HARG療法の特徴はいくつかありますが、痛みについて心配する人も多いでしょう。なぜならHARG療法というのは、注射器を用いて行う治療法だからです。注射をすれば当然痛みが発生するので、痛いのが苦手という人は避けてしまうこともあるでしょう。しかし、痛みが苦手な人の場合には、麻酔を用いて治療を行ってくれるので、痛みについてはそれほど心配する必要はありません

麻酔は嫌だという人も中に入るでしょうが、麻酔が嫌なら痛みを我慢するしかないのかというと、実は麻酔を使わないで、痛みも感じないHARG療法も存在しています。それはメドジェットという医療機器を用いた治療法になります。もちろん針は付いているのですが、痛みはほとんど感じないものとなっています。なぜなら注射器の針よりもはるかに細くなっているからです。

針の細さは蚊の半分と言われているので、痛みが苦手な人にはうってつけだと言えるでしょう。ただし、メドジェットはHARG療法を用いている医療機関であれば必ず導入されているわけではありません。一部の医療機関でしか使用されていないので、インターネットでよく調べておきましょう。もしメドジェットが導入されていない医療機関で薄毛の治療を受けるのであれば、一般的なHARG療法を用いるようになります。

参考HARG療法で発毛 ―名古屋中央クリニック
痛みを軽減できる麻酔を用意しているクリニックです。


女性も施術が可能

食生活の乱れフィナステリド錠やミノキシジルと言ったAGAを改善するための薬というのは、基本的に男性専用になっているため、女性には用いることはできません。近年は女性が社会進出することが多い上に、不規則な生活や食生活の悪化などが理由で、女性でも薄毛になる人が以前よりもかなり増しているのです。女性は男性以上に髪の毛のことを気にするので、薄毛になってしまえば改善したいと思うことが多いでしょう。

AGAの治療薬は女性に用いることはできませんが、HARG療法であれば性別に関係なく行うことができます。しかも失敗確率が低いですし、副作用が出てしまう心配もほとんどありません。年齢も関係なく使用をすることが可能なので、これからはもっとHARG療法が注目されてくるでしょう。ただし、年配の人よりも若い人の方が、早く効果が出る場合が多くなっています。

なぜならHARG療法は直接毛母細胞に働きかける治療法であり、若いうちの方が細胞が元気な状態なので、改善できるスピードが速くなるのです。高齢の人でもしっかりと効果は出ているため、諦める必要はありませんが、毛母細胞が生きていることがHARG療法の効果を出す条件となっています。まずは毛母細胞の状態をチェックしてから、HARG療法を用いるかどうかを決めるクリニックが多くなっています。つづいてHARG療法の痛みについて説明していきます。


薄毛とHARG療法

薬薄毛の治療で定番なのはフィナステリド錠やミノキシジルを用いた薬を使った方法でしょう。フィナステリド錠やミノキシジルを使用する場合には、治療期間が長くなるという特徴があります。それに対してHARG療法を用いた場合には、薬を用いた方法よりも治療期間が短くて済みます。ちなみにフィナステリド錠やミノキシジルなどを用いた治療の場合には、最低でも6カ月は飲み続けなければいけませんし、人によっては1年以上飲み続けないと効果が得られない場合もあります。

これではジェネリックを使用したとしても、かなり高い料金が必要になります。しかもフィナステリド錠やミノキシジルは副作用が出やすい傾向にあるので、長期間の服用はあまりおすすめできません。それに対してHARG療法の場合には、3カ月もあればしっかりと効果が出ますし、薬のようにある程度治療が完了してから服用を止めてしまうと、また元に戻ってしまうというリスクも少なくなっています。そのため、薄毛治療を希望する人の中には、HARG療法を希望する人も多いのです。

なぜこれだけ早い期間に薄毛の改善が可能になるのかというと、HARG療法は毛母細胞に直接働きかけることができるため、その分効き目が早くなっています。毛母細胞が活性化すれば、ただ髪の毛が生えてくるだけではなく、丈夫で抜けにくい髪の毛に改善されるのです。治療の途中で施術を止めてしまえば、元の薄毛に戻ってしまう可能性が高いですが、最後まで治療を行えば、ある程度高齢であっても薄毛に戻りにくいという特徴もあります。では女性の薄毛はどうでしょうか。女性もできる薄毛治療はあるのでしょうか?紹介していきます。