薄毛とHARG療法

薬薄毛の治療で定番なのはフィナステリド錠やミノキシジルを用いた薬を使った方法でしょう。フィナステリド錠やミノキシジルを使用する場合には、治療期間が長くなるという特徴があります。それに対してHARG療法を用いた場合には、薬を用いた方法よりも治療期間が短くて済みます。ちなみにフィナステリド錠やミノキシジルなどを用いた治療の場合には、最低でも6カ月は飲み続けなければいけませんし、人によっては1年以上飲み続けないと効果が得られない場合もあります。

これではジェネリックを使用したとしても、かなり高い料金が必要になります。しかもフィナステリド錠やミノキシジルは副作用が出やすい傾向にあるので、長期間の服用はあまりおすすめできません。それに対してHARG療法の場合には、3カ月もあればしっかりと効果が出ますし、薬のようにある程度治療が完了してから服用を止めてしまうと、また元に戻ってしまうというリスクも少なくなっています。そのため、薄毛治療を希望する人の中には、HARG療法を希望する人も多いのです。

なぜこれだけ早い期間に薄毛の改善が可能になるのかというと、HARG療法は毛母細胞に直接働きかけることができるため、その分効き目が早くなっています。毛母細胞が活性化すれば、ただ髪の毛が生えてくるだけではなく、丈夫で抜けにくい髪の毛に改善されるのです。治療の途中で施術を止めてしまえば、元の薄毛に戻ってしまう可能性が高いですが、最後まで治療を行えば、ある程度高齢であっても薄毛に戻りにくいという特徴もあります。では女性の薄毛はどうでしょうか。女性もできる薄毛治療はあるのでしょうか?紹介していきます。


Comments are closed here.